正しいクリームの選び方


エラスチンの正しい使い方

エラスチンは肌を構成する重要な成分です。ゴムのように伸び縮みする性質をもっているため、皮膚の真皮や靱帯、血管といった伸縮性のある部分には欠かすことができません。
化粧品として摂取するエラスチンは、真皮にまでは届きません。ですから、エラスチンには保湿効果も期待できるのです。

コラーゲン配合クリームの効果と選び方

コラーゲンは、肌の表面に留まることで保湿効果を発揮し、水分をしっかり抱えることで、肌の表面をふっくらなめらかに整える効果を期待できます。ただし、一口にコラーゲンといっても、種類や質、配合量、技術力によって効果は異なります。

セラミド入りクリームの選び方

「水分を層の間にはさみ込む」タイプの保湿成分の中でも、特にセラミドは高い保湿力があります。セラミドは比較的高価な成分のため、極端に安いものは微量しか含まれていない可能性があります。それなりの価格のもので、できるだけ配合量が明記されているものを選びましょう

ヒアルロン酸入りクリーム

ヒアルロン酸は保水力がとても高く、1gで6リットルの水分を抱え込むことができます。この高い保水力で、セラミドとタッグを組んで、お肌に潤いと若々しい弾力をもたらす役割を果たすのです。
角層が乱れている敏感肌の方には「高フィットヒアルロン酸」などのより保湿効果の出しやすい成分を使っているものがオススメです。

cawaii