肩こりですが 一番いい解消法とは?


肩こりというのは通常、肩の筋肉が緊張した状態のことを言います。

筋肉が弱かったり、姿勢が悪かったり、慣れない力仕事をして筋肉を使い過ぎたなどといったことが原因で起こるケースが多いです。又、精神的なストレスも肩こりの要因になり、骨や関節の異常、内科的疾患などによって肩こりが生じる場合もあります。

大部分は筋肉疲労や血行不良によるものが多いのですが、日常生活の問題点を改善することによって大抵の場合症状を軽減できる場合があります。強い痛みやしびれを伴うような場合には、何か他の病気が原因になっていることがあるので医師に相談する必要があります。

緊張状態が長時間続くと血行が悪くなって乳酸などの老廃物がたまり、それが刺激となって筋肉の細胞から発痛物質が出て神経を刺激し、こりや痛みを感じさせるようになります。

人の筋肉が活動するには酸素と栄養が必要です。弛緩したときには酸素や栄養を含んだ血液を取り込み、緊張したときには老廃物を送り出しているのです。筋肉にはポンプ作用があり、緊張と弛緩を繰り返すことで血液の循環を助ける仕組みになっています。

 

肩こりは日常生活の中に原因があることが多いものです。問題点がないかどうかチェックし、それを改善することが肩こりの解消や予防につながります。

1.よい姿勢を保つ

2.机とイスの高さを 適正に

3.自分に合った寝具を

4.左右の肩を均等に使う

5.軽くて暖かい服装に

6.生活の中にスポーツを取り入れましょう

 

 

cawaii