宅建試験合格を目指すには?


26年度の宅建士試験は、予想どおり昨年の本試験で目立った新規出題項目からの難問は減少しました。

これは、宅建試験の同行パターンが決まっているからです。試験作成する先生は大変だと思いますね。

——————————————————————————————————————-
今年は、難問といわれる問題は減少すると思っていましたが、予想が的中しましたよね。昨年の合格点の31点から、35点まで引き上がり基本問題を中心に正確な知識と応用力が試される試験となりました。

出題形式的には、難易度が高く正誤の個数を問う「個数問題」の出題数が昨年度の9問から6問に減少し、正誤の組合せを問う「組合せ問題」が2問出題されました。

しかし、これが宅建の合格点が35点くらいになると「個数問題」が増えると思います。
従来より「士」の付く試験はランクが上という見方がされてきましたから、人気度も上がり受験者数も増加傾向にあります。おそらく来年は一段と増加すると思います。

—————————————————————————————————————————
毎年合格点が変動していますが、宅建合格点に惑わされず高得点を狙って対策していく必要性があります。

cawaii