平成24年度宅建試験出題予想


民法で24年も出題される可能性大の項目を抽出しました。

意志表示 (心裡留保)
(虚偽表示)
(錯誤)
(詐欺又は強迫)
(代理行為の要件及び効果)
(本人のためにすることを示さない意思表示)
(代理行為の瑕疵)

(参考 宅建攻略本 目次)

この項目は本書の手順で学習すれば問題なくクリアできると思います

★制限能力
第1項 (成年)

(参考 宅建攻略本 目次)

ここで注意しなければいけないのが
未成年後見人は、1人でなければならず、複数の
者を未成年後見人に選任することはできませんでし
た。また、法人を未成年後見人に選任することもで
きませんでした。
これが改正により、複数の者や法人を未成年後見
人に選任することもできるようになりました。
ひととおり確認しておくとよいでしょう。
【登記事項証明書等の交付請求】
従来、登記事項証明書は、いわゆる「オンライン
請求」による場合、送付の方法(郵送)だけが、受
取りの方法として認められていましたが、交付申請
の際に指定した登記所の窓口で、直接受け取ること
もできるようになりました。

平成23年4月1日から、登記手数料の納付には、
従来の登記印紙に代わり「収入印紙」を用いるのが
原則となりました(=登記印紙の新規購入ができま
〔参考〕親権停止制度の創設せん)。
従来は、管理権の喪失(永久に失わせる)の宣告
の制度があるのみで、あらかじめ期限を定めて親権
を制限する制度はありませんでした。したがって、
利用が極めて限られていました。
そこで、家庭裁判所は、「父又は母による親権の
行使が困難又は不適当であることにより子の利益を
害するとき」に、2年以内の期間を定めて、「親権
停止の審判」をすることができるようになりました
(834 条の2)
このように改正されたところは、改正される前の問題を出してくるかもしれません内容を知っていないと
簡単に点を落とすことになります。

cawaii