独学で宅建勉強してるんですが難しいのでなにかアドバイスください。


私の宅建の独学の勉強方法は、日常の意外と無駄にしている時間、例えば通勤時間や昼食を食べ終えた昼休みなどに前の日に気になった部分のテキストを読み返したりしました。トータルで結構時間が確保できましたが、これは、一日2時間勉強するに匹敵しました。

独学のポイントは、書店に売っているテキスト、問題集、CDを使って勉強することです。書店などで、通信講座のDVDを買って1日講義1回分(約2時間)を見ながら、種目別のテキストに下線や書き込みをしました。

一通りDVDを見たら、過去問や予想問題集をひたすら解いて解いて・・.重要な部分はペンの色を変えて、後でノート読んでもわかる様にするのがコツです。気になった部分をDVDの講義でもう一度見て確認しました。

宅建独学勉強法では、まず、テキストを一区切りするところまで(たとえば「民法総則」で一区切りとか)目次の章単位が適当と思い通読します。何回も読み返していると最初に通読したときよりわかりやすくなっているはずです。それでもわからないことがあると思いますけど、粘りすぎず次の区切りに進んでしまいます。わからないところがあるかもしれませんが、一度読みきることです。こまごまと追及しているとまったく全体像が把握できませんから。

「権利関係(民法)」が終わったら過去問題の「権利関係(民法)」を全部一気に解きなおします(2回目)。ここでも解説を読んでください。わからなければテキストに戻って下さい。これを何回も繰り返すうちに、疑問も出てきますが細部まで追求することができました。

 

 

 

cawaii