宅建 26年度 宅建試験難易度


昨年度に引き続いて民法等から14問、宅建業法から20問、法令上の制限から8問、税・その他から8問が出題され、各科目の出題の内訳に変化はありませんでした。

全体的な難易度としては昨年度と同じくらいであり、難易度が高かった年だといえます。

民法は、昨年と同等かそれ以上に難しかったですね。過去問の知識で解ける問題が少ないこともあり、お手上げ状態になってしまった受験生も多かったと思います。

宅建業法の、問題自体の難易度は、過去問知識で得点できる問題ばかりでやさしかったと思います。

法令上の制限は、過去に繰り返し問われた問題や、基本知識から多く出題され、難易度としては、昨年よりやさしかったといえます。税・その他は、「不動産取得税」、「登録免許税」は、予想通り出題され、問題としてもやや解きやすくなったと思います。例年どおりの難易度だといえます

 

cawaii