権利関係 区分所有法 敷地利用権 管理組合と管理者



建物区分所有法では、集会の決議によって、管理者を選任し、
共用部分・共有の敷地・付属施設の管理や集会の決議の実行を
任せることができます。
この管理者は、法律上、区分所有者の代理人となります。
(管理者は区分所有者でなく管理会社に委託可能)
マンションには、区分所有者全員の集まり管理組合があります。
これを、区分所有者および議決権の各4分の3以上の多数による集団決議によって
管理組合法人という法人にすることが可能です。
管理組合法人は、理事と監事を置き、登記が必要となります。

cawaii