権利関係8 請負



請負人の権利義務
・請負人の責任により、仕事に着手するべき時期に着手しないとき、および途中で仕事を
中止したとき→注文者は請負契約を解除できる
・請負人はその仕事を、他の者にやらせることができる(下請合人の故意過失について、請合人は責任を負う)
・請負人が材料の全部または主要部分を提供→完成した目的物はいったん請負人のもの
となる(引渡しによって注文者のものとなる)
・注文者が材料の全部または主要部分を提供→目的物ははじめから注文者のものとなる

cawaii