抵当権(宅建学習)


抵当権とは、債権が回収出来ない事態を防ぐために、代わりのものを確保しておく為の権利をいう。抵当権において、自己の不動産に抵当権を設定した者のことを、抵当権設定者、抵当権によって回収を確保される(担保される)債権のことを被担保債権という。なお、債務者以外の者が所有する不動産に、抵当権を設定することもでき、他人の借金のために、抵当権の目的物を提供する人のことを物上保証人という。

抵当権の特徴、抵当権を設定しても、目的物の占有は移転しません。また、目的物が売却されて第三者の物になっても抵当権はそのまま行使できるので、特に抵当権者が不利益を受けません。同じく借金の担保のための権利として「質権」というものがありますが、質権の場合、質物を質権者す必要があります。この場合土地の所有者が、その土地の上に建物を建てようとしても、敷地を質権者に渡しているので築できない(抵当権の場合は建てることができる)。
抵当権の目的物、抵当権の目的物にできるのは、土地、建物、地上権、永小作権だけです。土地と建物は別個独立の不動産なので、抵当権も土地・建物それぞれに対して、独立に設定されす。

宅建 通勤講座

宅建合格の最終兵器
ケータイで復習!

cawaii