抵当権の性質(宅建学習)


物上代位性とは、目的物の代わりの物に抵当権を行使することを物上代位という
抵当権者は、目的物が滅失、損傷した場合に抵当権設定者が受け取る保険金や賠償金、目的物を売却した場合の売買代金、目的物を賃貸した場合の賃料などに対しても、抵当権を行使することができる。ただし、抵当権者は、これらの金銭が抵当権設定者に払い渡される前に、自ら差押えをしなければならない。

不可分性とは、債権が一部消滅した場合でも、抵当権の効力はそのまま目的物の全体に及ぶことをいう。
付従性とは、抵当権がその被坦保債権の運命に付き従う性質をいい、被担保債権が錯誤や公序良俗違反などで無効の場合、それを担保すべき抵当権も無効となる。あるいは、被担保債権が時効消滅したり、全額弁済によって消滅すれば、抵当権も自動的に消滅します。
随伴性とは、抵当権者が、被担保債権を譲渡した場合、抵当権もその被担保債権にくっついて移転することをいう。

cawaii