代襲相続(宅建学習)


代襲相続とは、被相続人が死亡するよりも先に相続人が死亡したこと等により、その相続人の直系卑属が相続人に代わって相続することです。
※相続人に代わって相続することを「代襲相続」といいます。
※代襲相続する人を「代襲者」といいます。
(1)代襲者になれる人
①相続人の子(被相続人から見て孫)
 ※孫、曾孫(ひまご)、玄孫(やしゃご)と続きます。
②被相続人の兄弟姉妹の子(被相続人から見て甥や姪)※甥、姪までです。
(2)代襲者になれない人 被相続人の直系尊属(被相続人の親)

cawaii