不動産登記法の出題傾向とその対策



不動産登記簿は、不動産の種類に応じて、(1)土地登記簿、(2)建物登記簿、(3)立木法(りゅうぼくほう)に基づく立木登記簿が存する。これらの登記簿は、不動産を単位として編成されており(物的編成主義)、1個の不動産ごとに1通の登記簿用紙が備えられた(一不動産一用紙主義)。

cawaii