心裡留保による意思表示の効果



表示の内容と真意とが一致しない,いわゆる〈意思の欠缺(けんけつ)〉の一場合であるが,その不一致を表意者自身が知っている点において〈虚偽表示〉と共 通し,その不一致を表意者自身が知らない〈錯誤〉と相違する。たとえば,与える意思もないのに〈この時計をあげる〉と言うような場合である。
心裡留保の場合,表示と真意の不一致を知っている表意者を保護する必要はないので,民法は,表示どおりの効果が発生すると規定している(民法93条本文)。法律上,意識的に真意と異なる意思表示を行うこと。

cawaii