意思表示 無効になる場合



錯誤であると認められると、表意者は無効を主張できる。この無効は当事者の無効主張を待って初めて生じるので取消的無効、相対的無効と呼ばれ、90条のような当然無効とは区別される。
強迫により被害者が完全に意思の自由を喪失してしまった場合には、その意思 表示は無効となる。例えば、軟禁状態におき、暴力をふるうなどして無理やり意思表示を 行なうよう強要した場合には、もはや自由意思を喪失しているため、意思表示は無効。

cawaii