建築基準法(建ぺい率・容積率)


容積率
容積率とは、敷地に対する延べ床面積(各階の床面積の合計)の割合で、都市計画によって決められた数値と、前面道路の幅員によって定められた数値との、いずれか小さいほうの数値が容積率の限度として適用され、この数値内におさまる広さにしなければなりません。

たとえば、敷地100平方メートル、建ぺい率50%、容積率80%の土地の場合、延べ床面積の上限は80平方メートルとなり、1階を建築面積の制限いっぱいの50平方メートルとすると、2階床面積の上限は30平方メートルとなります。
注: 駐車場は延べ床面積の1/5まで、住宅の地階部分で天井が平均地盤面より1m以下にある部分は住宅部分の面積の1/3までは容積率の算定部分からは除かれます。

cawaii