不当表示防止法


不動産取引において最初に重要なこと、
売る側、買う側にとってまずは何を頼りにするか…はい、広告ですね。
不動産をコンビニやデパートに置くわけにはいきません。
そこで販売側としては、効率よく販売するため広告に頼らざるを得ません。

一般消費者も実際に現地を確認する前にいろいろな広告を比較するでしょう。
この広告に誤った情報や誤解されるような表現があれば、
一般消費者に損害を及ぼしてしまうかもしれません。

そこで不動産広告には「不当景表法」が適用され、不当な景品や表示を規制しています。
不当な景品:顧客を誘引するため事業者が取引に附随して相手方に提供する物品や金銭等
不当な表示:一般消費者に誤認させることによって顧客を誘引する行為

cawaii