「イヴの時間」ってちょっと不思議系のアニメ?



アニメ、「イヴの時間」について、最近DVDで見まして非常に面白かったです。
ちょっと調べると原作付きの作品ではなさそうです・・・でも、不完全燃焼という感じですが? わかりません。
漫画の1巻に「イヴの時間」の誕生について監督の思いが綴られています。
このことから監督のオリジナルということがわかりますよ。「イヴの時間」はストーリーやキャラクターから思いついたのではなく喫茶店という場所から組み立てられていったみたいですね。
その場所から生まれたキャラクター達の性格的?なところを監督自身がまだ捉えきれてなく出しきれてないからだと思われます。だから不完全燃焼に見えるのはないかと思います。

コミックスが全3巻であるみたいですが、ラストは映画と同じところまでなのですか?映画と同じような感じでしたら無理に買わなくても良いかなとも思ってます。それとも、違う話なんでしょうか?

ラストは同じですが、DVDよりラストは深い内容となっています。
3巻の最後の漫画カバーに監督がこういっています。
「最終回を読み終えた時、かつて太田先生(筆者)に手渡したバトンが再び元に返ってきたんだなぁ……と自然に思いました。漫画でより生き生きと輝きを増したキャラクター達、今度は引き継ぐ番です。ありがとう太田先生!」

漫画の内容はDVDを少し掘り下げ、筆者の思いが+α描かれておりこれがまたいいように転がったと思います。DVDの舞台裏みたいなことも書いてあります。

DVDでのアキコのマスターが漫画ではちゃんとしたキャラに確立されており上手く監督の思いを受け継いでいるなと思います。

DVDと筆者の監督を汲み取った考えも凝縮されているので展開が早くじっくり読まないと3巻なんかあやふやになってしまいます…