宅建試験勉強で失敗しないために


宅建試験合格者のアドバイスです。宅建試験勉強を試験日まで続けるためには、絶対にに挫折してはいけません。
宅建過去問題を解きテキストで確認する繰り返しを毎日継続していくには、集中して一日数時間単位で学習できる場所を作ることが大切です。

テレビを見ながら学習することは極力避けるためには、図書館が一番の最適場所です。さあ、場所が確保できました、テキストは急いで先へも進む必要はありません。確実に理解できるまで徹底的に追及してください。

宅建試験勉強で多くの失敗は、詰めの甘さから応用がまったくきかないことです。ガンガン応用問題をこなしてくださいね。

長時間かけて学習するものいいのですが、電車などで短時間学習を積み重ねることがいかに大切か合格者は語ります。

この時間の積み重ねは長時間宅建勉強するよりも効率がいい面もあります。
次に、大失敗するのは300時間なんて、設定して結局中身のない勉強をしてしまうことです。そもそも、宅建勉強を何時間なんて設定すること自体がナンセンスなのです。

10月の試験日までに、やるべきことを時間なんか無視してやればいいわけで、それを考えると、何時間やったなんて知る必要もないし無駄なことなのです。

宅建業法を何日までに完璧に覚えると計画することが効率的に学習するポイントになります。いよいよ、あと3ケ月と試験日が近づいてくると、あせりがでて不安がつきまとうことになります。

しかし、この時期はもっぱら過去問題を徹底的に勉強し、模擬試験挑戦とあせっている暇がなくなるくらいになっていないと勉強がかなり遅れていると判断してください。ただその場の思いつきで同じ学習をやっていては合格が逃げていきます。

cawaii