宅建の勉強は目標が大切


宅建の勉強は、長時間集中して勉強するよりも、こまめに復習を繰り返したほうがはるかに効率的です。宅建の勉強は、時間をかけて勉強しても成果が上がりません、時間の無駄です。

実は、目標を達成するための一番の弊害は「目標を忘れてしまうこと」なのです。目標を何回も確認することが大切なので、チェックしてみてください。あなたは、今年の初めに立てた目標が頭の中でイメージできますか?

あまり気にしていない人がほとんどだと思います。『弱気な気持ちに打ち勝つには、合格した自分をイメージして喜びを味わうことです』きっとあなたは「宅建に合格して○○になる」という目標があると思います。

さて、「合格するぞ」という決意は固まりましたでしょうか?「絶対宅建合格するぞ!」と決意したあなたは必ず目標を描いたメモを持参してくださいね。

宅建の勉強で、特にパソコン教材での勉強は要注意です。毎回同じ問題に集中して、テキストの関連部分や問題の解答を繰り返し眺めているだけ。勉強をしたつもりになってしまうことです。

何度も連続して答えが解らない問題は、基本から出直すのも一法です。そこで答えを考える必要はありません。「えっ?」という声が聞こえてきそうですが、必死に正解を考えることが当然だと思っている方も多いかと思います。宅建の勉強は、それは間違いです。問題の応用を繰り返して理解することです。

cawaii