宅建資格は就職に有利


数ある就職に有利な国家資格といえば「宅建」がもっとも良く知られています。

「何か資格を・・・就職に有利な資格」と思い立ったとき、「とりあえずは就職に役立つ資格」「取りやすい資格」となる方も多いようです。資格には「国家資格」と「民間資格」「公的資格」などがあります。

宅建資格を取得したことで、理想の会社に有利に就職できた、専門知識を有したことで役に立った等、この資格の取得に伴うメリットは大です。

不動産会社等が宅建業を行うには、専門家である宅地建物取引士を一定数以上確保しなければいけないことになっています。

宅地建物取引士は不動産会社にとって重要な存在です。つまり、宅地建物取引士がいなければ事業を継続できなくなるので、特に就職に有利な資格です。この資格がなければ最悪の場合、事業を廃止しなければなりません。この資格は、会社の存続を左右する生命線です。

専門知識を有する宅建士の存在というのは、実務上、不動産業者にとってはもはや不可欠な存在となっているのは、法律上、資格を持っていなければ、やってはいけない業務があるからです。だから専門知識を持っている人は就職に有利になります。

—————————————————————————————————————————

  • 不動産業界の賃金体系は?

就職年齢や経験等で差がつきますが、300万円台から500万円台の年収を掲げているところが一般的なようです。しかし、売上に応じてマージンが入ったり、年収が上がったりするのが通例です。

私の体験ですが、平成元年から4年くらいですが、土日祭日のみ出勤で1日7万円の勧誘がきました。当時はバブルで宅地建物取引主任者が不足していました。こんな話は2度とはありませんが、資格があれば就職に有利になりともあれ500万以上も望めると思います。
す。

——————————————————————————————-

宅建試験に合格したら仕事は?

——————————————————————————————-

 

宅建資格は不動産会社は基本的に事務職というより営業職が強いです。
事務職に就職有利な資格であれば、経理系の資格、Office系の資格の方がいいような気がしますが。
就職活動で、国家資格があるかないかですが、20代はなくてもかまわないけど30代以上は取得済みの人が選考で通っているようです。

つまり、経験がなくても、コミュニケーション能力をアピールして国家資格がある事を伝えていただければ、厳しくはないと思いますよ。

不動産業界に就職に興味があるというのが先にくるのであれば宅建試験はぜひとも挑戦していただきたいとおもいますが、とにかく就職に有利・・っていう資格では現在その企業が必要としていればいいわけで、90%以上もその資格者で占めている会社もあります。

———————————————————————————–

就職とは無縁な大家さんにも有利?

 

————————————————————————————

大家さん業は、宅建業法という不動産屋さんを管理する法律では、「自ら賃貸」ということで、宅建業にはならず、持っていなくても法律上の問題はありません。
ただ、少なからず大家さんとして不動産取引に関わると、いろいろな法律が関係してきて、「トラブル時にどのように対応すべきか?」など不動産取引に関する基礎知識を勉強したいというニーズが出てくるのは必然だと感じます。

 

cawaii