宅建学習期間のモチベーション維持のためにすること。


———————————————————————————————————–

  • 宅建試験に挑戦する目標を設定する

———————————————————————————————————–

宅建試験合格のためには目的意識を強く持つことです。宅建試験に実際に合格したら就職に役立てたいとか、不動産会社に転職するとか、昇給・昇格のため、など将来の夢を手帳などに書き出しておいて、学習意欲が低下したときに必ず見るようにします。

長期間の宅建学習には、モチベーションを維持することが不可欠です。

試験までは自分との戦いです。いかにモチベーションを維持するかは大いに検討する必要があります。この目標があるか? ないか?によって試験の合否を大きく左右することは、宅建試験の合格者からの声からも聴かれます。
—————————————————————————————————————————

  • 月間学習目標を設定する

—————————————————————————————————————————


宅建試験の学習範囲は広いので、あちこち手を付けていると効果は上がりません。

月間目標をまず設定し、週刊目標と細かく設定し、必ず毎日達成感を積み重ねることです。

ここまでやると決めたら必ず達成する。という決意がモチベーション持続になります。

—————————————————————————————————————————

  • 同じ宅建試験を受講する友人をつくる

—————————————————————————————————————————

セミナーなどに通学すれば簡単に出会うことができますが、無理な方はフエイスブックなどのネットを通してできると思います。

この友人がライバルとなるわけで、学習の進行状況などをやり取りしていれば自然にモチベーションアップにつながります。

一人で学習していると、どうしても不安になり学習に集中できなくなりますか、情報のやりとりは試験勉強に役立ちますし、モチベーション維持に役立ちます。

cawaii