宅建を取るなら、目標を決めて勉強したほうがいいと思います


宅建の勉強で1年間モチベーションを保つのは大変なことだと思います。私は自信満々で勉強した宅建試験でしたが結果落ちてしまいました・・・

どうしても合格したいと、もう一回挑戦するかどうかは迷っています。私は、宅建を必要とする仕事に就くことはないと思ってまったく興味がなかったのですが、何か国家資格がほしいと思い受験しました。

私のような漠然とした受験目標ではなく、宅建を取るなら、明確な目標に向けて勉強されるのがいいと思います。明確な目的がないのなら、就職する前に取らなければ意味がありません。資格があることで、不動産会社や金融機関にはかなり面接で有利になります。これをあなたの目標にすればいいのです。

営業系の就職であれば、FPは有利ですよね。また、生活していく上での知恵に近いので勉強しておいて損はないと思います。しかも年3回試験があるので、受けやすいですよ。

3級ぐらいだと、年配の方も多かったです。しかし、企業は1級があたりまえですから2~3級ではなんの意味もありませんから

——————————————————————

宅建試験独学で合格された体験談にも刺激を受け受験しました。
私としては、「一発合格」という甘いささやきに踊らされ、落ちてから初めて目が覚めました。昔、勉強した民法は、基本ばかりで宅建試験には何の役にもたたないのは間違いないです。

このまま宅建勉強を続けるかどうか迷っています。私にとって宅建資格は今の仕事では全く必要のない資格なので、とてもモチベーションを保つ自信がありません。確かに周りを見ても宅建を受験している人はいません。片手間で簡単に合格できる衛生管理者の国家資格を、同僚から進められました。なるほど、同僚はしっかりと、会社の衛生管理者に収さまってました。

cawaii