宅建勉強


宅建合格勉強法は、はじめて試験に挑戦してみようとする方のためにスタートさせました。
宅建試験は勉強方法で合否が決まってしまいます。試験のために必要なお役立サイトです。

———————————————————————————–

試験内容は決まっているのに合格することが厳しくなっています。特に初心者の方にはハードルが高くなりました。私も法律は初めてでかなり苦労しましたが合格にたどり着きました。試験に合格する人はワンポイント高いレベルで勉強していることは確かです。

試験は年齢、学歴、国籍関係なくだれでも受験できる、受験者数が20万人を超える人気NO1の国家試験です。

———————————————————————————–

はじめて受験される方はどこから勉強していいのか?
範囲が広すぎてなかなか覚えられない。という意見が多く聞かれます。こんな悩みが解消されたら効率よく勉強が進み合格も現実になってくるでしょう。

試験は過去問を勉強するだけで合格できる試験です。それは、試験では過去問からの重複出題率が約60%にも及んでいるからです。

合格の一番の近道は過去問を勉強すれば、7割というラインを大きく上回り8割程度も得点できる可能性もでてきます。というのが従来の試験でした。


これが宅建士試験となってからは、出題傾向に変化(個数問題の増加、1つでも解らない選択肢があると正解が導けない)・特徴(単純な条文の知識問題の減少)などにより難易度が上昇しました。

これにより、中途半端な勉強では合格するのが困難な試験となりました。
今後もこの傾向が続くと思われます。

このような状況から、あなたの従来の勉強方法では太刀打ちできません。
ライバルと同じレベルで勉強すればあなたも同レベルになります。同レベルでは絶対に合格できませんそれに太刀打ちできる方法をこのサイトから探してみてください。

—————————————————————————————–

今年度の宅建士試験は、予想どおり昨年の本試験で目立った新規出題項目からの難問は減少しました、これは、25年間試験の同行はパターンが決まっているからです。試験作成する先生は大変だと思いますね。

今年は、難問といわれる問題は減少すると思っていました。昨年の合格点が31点ですから、35点まで引き上げるには、基本問題を中心に正確な知識と応用力が試される試験となりました。

出題形式的には、難易度が高く正誤の個数を問う「個数問題」の出題数が昨年度の9問から6問に減少し、正誤の組合せを問う「組合せ問題」が2問出題されました。しかし、これが合格点が35点くらいになると「個数問題」が増えると思います。
従来より「士」の付く試験はランクが上という見方がされてきましたから、人気度も上がり受験者数も増加傾向にあります。おそらく来年は一段と増加すると思います。毎年合格点が変動していますが、合格点に惑わされず高得点を狙って対策していく必要性があります。

へ→勉強準備

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする