宅建士資格を企業が求める理由


宅地建物取引士は、不動産業にとっては不動産取引を無事に誤りなく航行させ安全確保するために欠かせないものです。

現在は、不動産界を問わず、金融業界の貸付担当者、一般企業の不動産部、財務部等の担当者において宅建士の資格は不可欠なものとされています。

 

就職して宅地建物取引士の資格を持っていない人でも、働きながら宅建士の資格取得者に対して、奨励金やお祝い金を出す会社があります。又、国家資格を管理者昇格の条件とする会社も見られます。

 

就職を目指している方なら国家資格NO1の宅建士の資格取得をお勧めします。特に不動産業への就職には宅建士の資格があるか?ないか?によって大きな差が出てきます。

就職には有利であることはもちろん、給料も宅建士の資格の有無で大差が出てきます。

—————————————————————————————————————————

なぜ、企業はこれほど国家資格取得者が必要なんでしょうか?


それは、日本における企業の財産形成は不動産を切り離して考えることはできません。企業は会社を大きくするために用地を回収したり、倉庫を設置しなければなりません。

 

その土地は、会社の財産形成に大きく寄与するとともに資産調達に大きな役割を果たすことになります。
企業はその含み資産である不動産を有効利用して安定収益の確保するのも狙いです。たとえば、企業が本業以外に不動産業に進出したり、企業内に不動産部門を持ったりしています。

 

企業の他部門化、異業種化による事業展開で余剰人員を吸収するメリットもあります。このようなことから、企業は社員に宅建士の資格取得に力を入れているのです

—————————————————————————————————————————

  • 法律系・ビジネス系資格の登竜門である宅建士の専門知識

—————————————————————————————————————————

「ビジネス」の画像検索結果

宅建士は、不動産業界はもちろん他の業界においても抜群の就職に有利な資格となっており需要があります。

銀行をはじめとする金融機関では、就職してからも国家資格取得を必須項目にしているところがあります。不動産を担保評価して融資することが多いので不動産の知識なくして銀行は成り立たないと言っても過言ではないからです。

建築会社の就職では国家資格取得は必須項目になっています。自社で建築した物件を当事者として販売するには宅建業の免許が必要になるので、宅建士の資格も推奨しているのが通常です。

コインパーキング等の駐車場経営をする会社でも、従業員に最低限の宅地建物の知識が必要とされるので就職には宅建士の資格は重宝されます。

不動産管理会社は、最近就職に国家資格所有者を必須としています。不動産を仕入れて、分譲の仲介をして、さらにその管理も行うというトータルサービスを提供する企業が増えているからです。

 

cawaii